巡礼遍路研究会

ご挨拶

巡礼遍路研究会は、四国八十八ケ所や西国三十三所をはじめとする、全国各地の霊場巡礼に関する研究成果を発表する場を設けるため、高野山大学密教文化研究所内に設立された組織です。
巡礼遍路関連の研究者はもちろん、関連分野の大学・研究機関の方々、札所寺院、先達をはじめとする巡礼者など、向学心豊かな方々の幅広い参加をお待ちしております。


第7回研究発表会兼総会

2021年6月19日

大阪・ドーンセンター

(大阪府立男女共同参画・青少年センター)

大阪市中央区大手町1-3-40(地下鉄・京阪天満橋駅東350m)


13時           受付開始 

13時20分  開会 

13時30分  基調講演

                     静慈圓高野山大学名誉教授

                     「弘法大師入唐の足跡をたどる」

14時30分  研究発表

                     藤澤久弘   大阪三十三観音巡り札所の盛衰

                     益田    勉    空海の山林修行に関する一考察

                     矢部弘幸    高群逸枝の四国遍路

16時30分  閉会予定

緊急事態宣言のためドーンセンターは閉館していますが、特別に開催を許可されています。当日は正面玄関は閉まっていますが、北側駐車場脇通用門から入場可能です。